その他の試験及び分析について

特定保健用食品、機能性表示食品の画像
  • 大学研究機関との提携によって、原料の関与成分特定機能性評価(in vitro、in vivo)試験をサポートします。
  • 試験結果の論文化と学会発表をサポートします。

関与成分特定

特定保健用食品、機能性表示食品の画像

大学研究機関との共同研究により、一般の分析会社では難しいとされる、植物由来食品や発酵食品等の定性・定量を行い、関与成分を特定することが可能です。

機能性評価

大学研究機関にてin vitro及びin vivoによる機能性評価が可能です。
※下記の基本的な試験以外も対応可能ですのでご相談下さい。

in vitro

カテゴリ 評価目的
Ames試験 変異原性について細菌を用いて試験
抗糖化試験 試験品の抗糖化作用についてin vitroの試験系で評価
α-グルコシダーゼ阻害活性試験 血糖値の上昇抑制に関連する酵素であるαグルコシダーゼ阻害作用をラット小腸由来酵素を用いて評価
リパーゼ阻害活性試験 脂質の上昇抑制に関連する酵素であるリパーゼ阻害作用を測定
チロシナーゼ阻害試験 メラニン合成抑制剤の効果の検証などが目的
メラニン合成抑制試験 B16メラノーマ細胞または3次元皮膚モデルを用いて、メラニン生成効果を測定
抗菌試験 各種細菌、酵母、カビに対する抗菌効果を測定
抗酸化試験 SOD、XOD、ORACなど各種方法で測定可能
眼刺激性代替法試験 化粧品などのウサギ角膜細胞(SIRC細胞)使用 SIRC-NRU法、SIRC-STE(OECD TG491準拠)
眼刺激性代替法試験 化粧品などの3D細胞モデルを使用 OECDTG439準拠
皮膚一次刺激試験 化粧品などの3D細胞モデルを使用 OECD TG431準拠
ヒアルロン酸産生試験 角層細胞を用いて、試験品添加によるヒアルロン酸産生量の変化を測定
コラーゲン産生試験 皮膚線維芽細胞を用いて、試験品添加によるコラーゲン産生量の変化を測定
ヒアルロニダーゼ阻害活性試験 ヒアルロン酸を分解するヒアルロニダーゼを阻害する効果を測定
コラゲナーゼ阻害活性試験 コラーゲンを分解するコラゲナーゼの阻害活性試験

in vivo

カテゴリ 評価目的
抗肥満試験 高脂肪食をラットに与えて体重や脂肪量の変化を測定
血中濃度確認試験 試験管内血中安定性、血中濃度・血中半減期、各種臓器内濃度の測定
急性毒性試験 ラットに対する急性の毒性を測定
亜急性毒性試験 ラットに対する亜急性の毒性を測定
ラットによる自律神経測定試験 抗高血圧、抗糖化、抗肥満、美容、睡眠、抗冷え性、抗疲労、整腸、疼痛、筋肉疲労、抗ガン